清須市で頭痛・腰痛・肩こりの改善、自律神経の調整、O脚改善に人気の整体院です。

名鉄津島線 二ツ杁駅より徒歩3分
JR東海道本線 枇杷島駅より徒歩4分

お気軽にお問い合わせください

お知らせ

  • トップ
  • お知らせ
  • 中部いきいき整体院
  • 料金
  • よくある質問
  • 患者様の声

2019/11/13

プラシーボ効果とは?思い込みによって生じる効果は絶大?!

心理現象の一つに「プラシーボ効果」というものがあります。多分テレビや雑誌などでこの言葉を耳にした人は多いのではないでしょうか。とても有名な心理現象の一つです。プラシーボ効果を簡単に説明すると、自分の思い込みが体に良い影響を及ぼすことを指しています。日本では「偽薬効果」と呼ぶこともあるようです。プラシーボとは、薬効のない成分である薬を本物の薬として信じ込ませ服用させることにより、本人の症状が回復傾向になったり、治ったりすることを言います。また、プラシーボ効果はプラセボ効果とも言ったりします。プラシーボという言葉はラテン語であるプラセーボからきています。「私を喜ばせる」という意味をもった言葉に由来した英語であり、医学や薬学ではプラセボという言葉を用いることが多いのです。
このプラシ-ボ効果は1955年ヘンリーピッチャーが研究報告をし、広く知られるようになりました。その後も様々な心理学者が実証実験を繰り返し、思い込みによって成果が上がったり症状が回復することを実証しています。しかし、一方では、疑問視する意見も出ており治療手段としての偽薬の効果は限られているという報告もあります。現在でもプラシーボ効果については、様々な研究が進められているようです。プラシーボ効果の実証実験として有名な例は、患者に対し「これは鎮痛剤です」と伝え服用させるが、実際は薬効のない薬を処方したところ、およそ3割の患者に改善傾向がみられたという報告があります。また、ある医療機関では、患者を手術室に運んだだけで実際には手術しないにも関らず、手術を受けたと思い込んでいる患者の怪我は、回復傾向を見せたそうです。
このように、思い込みの影響力というのは大変強いものだと言えるでしょう。また、「病は気から」という言葉がありますが、まさにそうで、思い込み次第で病の症状も変化する傾向にあると言えるかもしれません。また、プラシ―ボ効果とは別に「ノーシーボ効果、ノセボ効果」というものがあります。簡単に説明しますと「この薬は副作用がありますよ」と患者に伝え服用させるが、実際には薬効のない薬を処方したところ、ほんとうに吐き気などの副作用が出てしまう、といったようなことがあったそうです。このように思い込みの影響力を使い私たちの日常生活でプラスに使うことができれば恋愛や仕事に大いに役立つのではないでしょうか。?



2019/08/09

己書道場開設

己書とは読んで字のごとく、自分だけの書という意味です。書き方や文字の書き順にとらわれることなく、自らが思うがまま、自由に筆を走らせ、自分の世界観を楽しく表現する新感覚の書、それが己書です。自由に書くという点からすれば、描く書・読める絵ともいえるかもしれません。デジタルが主流となった現代において、時代に逆行するかのような時間のなかで自分なりの世界観を作り出す、時間を味わえるのが己書道場です。「己書」が温もりあるコミュニケーションツールとして、心のふれあいと絆を生むように、己書道場は活動を続けます。筆ペン1つ持っていればすぐにあなたも己書書家です。
日本己書道場は2012年より日本己書道場総師範「快晴軒天晴」本名杉浦正により名古屋で開設されました。1970年代後半よりデザイナーとして活動していた杉浦は、自らの書を「心を映す我流の書であり唯一無二の己書」と語り、創作活動に徹していましたが、多くの門下生の希望に心を動かされ、道場を開くことに決意しました。
*上手い下手は関係ないのが己書*
己書にはルールがありません。自らの書がそのまま正解なのですから、上手い下手はありません。練習するとすれば、自らが頭の中で描いた世界観に、より作品を近づけようとした時でしょう。
己書は初めての方でもコツを掴めば誰でも描くことができます。今まで字や絵にコンプレックスを抱いていたのに、いつの間にか味のある絵が描けてしまうのが己書です。かく言う私でも字や絵にとても強いコンプレックスがありましたが今では堂々とお礼状などを書けるようになりました。皆さんもよく目にする居酒屋のメニューや看板など己書は今や多くの人の目に触れています。(魚魚丸すし、屋台すし、赤かぶ、およね屋)などです。
当治療院では、毎週土曜の午後己書道場を開催しています。たまにはゆっくり自分の好きな言葉や絵をはがきに描いてみません
か。一幸座は90分2000円です。己書を描いている時間はまるで瞑想をしているような感覚でいられます。私はこれを「描禅」びょうぜんと呼んでいます。どうぞ、己書に出会い自分の可能性と自信をつけてください。コンプレックスの克服は力と自信と勇気と希望と信念とが身に付き楽しい人生を送れます。

2018/12/05

食べたものが💩で出るまでの時間は?

私たちが口から食べたものは、胃や腸を通り吸収されながら、直腸の終わりにある肛門から💩になって出ていく時間はどのくらいなのでしょうか?食べたものが💩として出てくるまでのおおよその時間、そして、その時間を知るための方法についてご紹介します。
1、「食べ物が💩になって出てくるまでの時間」
(口の中)⇒(食道から胃へ)⇒(小腸へ)⇒(大腸S状結腸へ)⇒(直腸へ)⇒(肛門からトイレへ)
口から肛門までは一本の消化管(消化器)でできており、この長さがおおよそ9メートルと言われています。まずは、食べたものが💩として出てくるまでこの9メートルの「道のり」に目を向けてみましょう。
人は食べたものを口に運ぶと舌で味わい、歯を使って噛みます。噛むことで食べたものを細かくし、消化酵素で唾液とよく混ぜ合わせ、胃腸への負担を少なくします。噛んで細かくされた食べ物は、飲み込まれ、食道を通って、胃へとたどり着きます。胃では、胃液が分泌され、細かくなった食べ物をさらに消化し、2~4時間かけてドロドロの状態にします。胃で溶かされてドロドロの”粥状”になった食べ物は、胃の蠕動運動によって小腸へと送り出されます。小腸は全長6~7メートル。この長い小腸を通過する中で、消化酵素や消化液の作用によって食べた物はさらに細かく分子レベルまでに分解されます。そして、それぞれの栄養素は小腸の壁に生えている絨毛(じゅうもう)から吸収されるのです。ちなみにこの絨毛は広げるとテニスコート一面分ともいわれています。
小腸で栄養を吸収された食べ物のかすは大腸へと運ばれ、大腸は腹部を一周するように位置していて、長さは1,5メートル、部位によって上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸という名前がついています。大腸では、水分の再吸収が行われ、それぞれの結腸を進むにつれ、液状から粥状、半固形状、固形状へとどんどん💩が形成されて行きます。この💩が大腸内を進み、形成される過程で腸内細菌がさらに分解や代謝を行うのです。固形状になった💩は最後に直腸にたどり着き、直腸に💩がたまると、脳が刺激を受け、排便反射が起こり、便意をもよおして、肛門より排出されるのです。食べた物が💩になって出てくるまでおよそ24時間~48時間とされています。ただし夜食べた物は12時間後に出るという説もあります。

2018/11/19

理入法と行入法

理入法と行入法とは禅の開祖達磨大師が説いた修行の方法で「二入四行論」より説かれています。仏道修行には「理論、理屈、知識」から入る方法と「実践、行動、実行」から入る二つの方法があるということを説かれています。
もともとは、今から約2500年前仏陀の弟子のなかにとても頭の悪く愚かだと言われていたお弟子さんがいました。その名を周利槃持(しゅりはんどく、チューダ・パンタカ)とい言います。
どのくらい愚かだったかといいますと、時々自分の名前すら忘れてしまうほど頭が悪かったそうです。周りの弟子達から馬鹿にされていた周利はあまりの自分の愚かさを嘆いて、仏弟子をやめようかと思って仏陀のもとを訪れます。「仏陀よ、私はあまりにも愚かなので、もうここにはいられません・・・」その時、仏陀が彼にこう言います・・・「自分を愚かだと知っているものは愚かではない、自分を賢いと思いあがっている者が、本当の愚か者である」すっかり弟子をやめようかと思っていた周利は一瞬キョトンとします。そして、仏陀
はこう続けます・・・
「お前の一番好きなことはなんだね?」周利は、「はい、私は掃除が好きです!」と答えました。「そうか多くのことは覚えられないようだから、その大好きなそうじをしながら、このように唱えるがよい」「塵を払い、垢を除かん」「はい!それなら、私にもできそうです‼」「そうか、では頑張るのだ・・・」仏陀にそう言われて、嬉しくなった周利は、たまに忘れそうになりながらも、「塵を払い、垢を除かん」と唱えながら箒を持って掃除をしていきます。一年、十年、二十年と、ひたすらやっていきます・・・。その姿勢にはじめは馬鹿にしていた他の弟子たちも、次第に彼に一目を置くようになります。やがては、仏陀から言われたことをただ黙々と前向きに淡々とやり続けるその姿に周利を心から尊敬するようになりました。そして、ついに周利は仏教でいうところの阿羅漢の境地に誰よりも先に到達しました。「阿羅漢」とは反省修行を行って、心の汚れや曇りを落とし第一階段の悟りを得ることです。まさにこれこそが形(行)から入って心に入るという行入法です。ある日、仏陀は、大衆を前にしてこう言いました。「悟りを開くということは、何もたくさん覚えることでは決してない。(理入法)たとえわずかなことでも徹底して行うことで自分が変わっていくのです。

2018/11/19

筆跡心理学

「筆跡診断」とは欧米で「グラフォロジー」(筆跡心理学)と呼ばれていて、ヨーロッパでは国が認める学問の一分野です。人間は文字を脳からの指令で書くが、無意識に書くため、「筆跡は行動の痕跡」と言われるほど、その人の日ごろの行動傾向が想像できるし、行動傾向がわかれば、その奥にある性格や深層心理も見当がつくことになるのです。
そこで、「筆跡診断では逆の発想をするのです。(行入法)自分の脳をコントロールしながら、意識的に文字の書き方を変えることで行動パターンや性格を変えるのです。そうすると、なりたい自分に近づくことができるし。また、他人の文字を見ることによりその人の性格や個性を理解することができるのです。例えば、体は大きいがものすごく小さな文字を書く青年がいたとします。小さな字は自信のなさや内向的な性格の現れなんですね。実際、コミュニケーションが苦手な青年でその彼に字を大きく書くことに意識をもって字を書く癖を身に着けてもらうことにより、行動や性格が変わるのです。「文字を大きく書く人の性格は外交的で気が大きいという性格なのです。それにより内向的~外交的になり、自信のなさや引っ込みじあんだった性格が変われたのです。筆跡心理学とは、文字を書くという一番身近にある行動を変えることにより意識を脳にインプットさせ、性格や習慣が変わることにより自分を変えれることができるのです。哲学者スティーブウイリアムス氏が言う「意識が変われば行動が変わる、行動が変われば習慣が変わる、習慣が変われば性格が変わる、性格が変われば運命が変わる、運命が変われば人生が変わる」という方程式が成立するのです。私たちも筆跡心理学に基づき「字を書くという行動を変え、人生を豊なものにしたいものです。当院では「日本筆跡心理学」生みの親(根本寛氏)より学んだ知識をより多くの方へお伝えし、皆がさらにより良い暮らしができるようアドバイスをしたいと思います。
 日本筆跡心理学認定
 筆跡心理アドバイザーマスター 小松政一

INFORMATION

院内

治療歴20数年の実績をもつ院長がいる整体院です。
以前は名古屋市で数多くのスポーツ選手、芸能人を診てきました。3年間の介護の仕事を経て再び清州市でこれからの時代に沿った、高齢者にも優しい整体院を開業しました。

所在地

〒452-0064
愛知県清須市西枇杷島町旭2丁目
64番地

営業時間

(平日) 9:00~19:00
(土曜) 9:00~12:00

定休日

土曜午後/日曜日