清須市で頭痛と腰痛改善に人気の整体院です。

名鉄津島線 二ツ杁駅より徒歩3分
JR東海道本線 枇杷島駅より徒歩4分

お気軽にお問い合わせください

お知らせ

  • トップ
  • お知らせ
  • 中部いきいき整体院
  • 料金
  • よくある質問
  • 患者様の声

2018/11/02

横隔膜をチェックしてみよう

横隔膜が硬いかどうかは自分の手で直接触って確認することができます。チェック方法はとても簡単なので、横隔膜の現状を知るために、試しにやってみましょう。
1、姿勢を正して肋骨の下に指を当てます。
2、息を吐きながら、指をゆっくりと斜め上に向かって押し込みます(肋骨の下に差し込んでいくイメージで)
※この時に硬くて指が入っていかなかったり、痛みを感じたら、横隔膜が硬くなっている証拠です。実際にやってみるとお腹が硬く、指がすんなり入らないはずです。では、なぜ横隔膜が硬くなってしまうのか、考えられる原因はどこにあるのでしょうか?
*原因その1(呼吸が浅い)
普段から呼吸が浅いと横隔膜が十分に使われないため、どんどん動きが鈍くなり、硬くなっていきます。そもそも横隔膜は筋肉の一つです。「顔の筋肉を使わないと衰えていく」というメカニズムと同じように、横隔膜も使わないと衰えて硬くなってしまうのです。
「自分は呼吸をしっかりしているから大丈夫!」と思っている人も多いかもしれませんね。しかし胸だけを使う胸式呼吸しかしてない人は、横隔膜が衰えている可能性があります。胸式呼吸ではお腹を使わないため、横隔膜の上下運動が小さくなり、十分に使われていない恐れがあるのです。
ちなみにいびきが酷い人や眠りの浅い人は、呼吸も浅いと言われています。自分の睡眠の質が悪いと実感しているなら、横隔膜が硬くなっている可能性があります。
*原因その2(姿勢が悪い)
姿勢が悪いと息を吸い込みにくくなるため、呼吸が浅くなり、横隔膜が硬くなっていきます。特にダメな姿勢が「猫背」です。腹部を縮めて背中を丸めた姿勢は肺に空気を取り込みにくく、横隔膜の動きを鈍らせてしまいます。デスクワークなどで猫背でいる時間が長い人ほど横隔膜が硬い傾向にあります。また、スマホを見る時の姿勢にも注意が必要です。スマホをのぞき込むように見ている人は首が丸くなりますから、猫背と同じように胸や腹部を縮めています。すると呼吸が浅くなり、横隔膜も硬くなってしまうのです。できるだけ姿勢を良く保てるように工夫したり、意識することが必要ですね。
*原因その3(ストレス、緊張)
過剰なストレスや緊張にさらされると、横隔膜も硬くなり呼吸も浅くなり筋肉が緊張した状態になります。筋肉の緊張を取り除く工夫が必要です。

2018/10/24

平均寿命と健康寿命を知っていますか?

私たちの寿命は延び続け、今では「人生90年いや、100年」に手が届こうとしています。男性は平均寿命80,21歳女性は平均寿命86,61歳しかし一方で、自立した生活を送れる期間「健康寿命」が、男性で71,19歳女性で74,21歳と平均寿命より男性は約9年、女性は12年もあるということです。これは人にもよりますが支援や介護を必要とする期間が平均で9年から12年もあるということです。長い人生、いつまでも元気に過ごすためには「健康寿命」を延ばすことが必要なのです。1900年の平均寿命は男性43,97歳女性44,85歳、1950年男性58歳女性61,5歳2000年男性77,7歳女性84,6歳と年々短期間で飛躍的に延びました。医療の進歩とともに長生きができるようにはなりましたが果して長生きだけがいいことでしょうか?元気で長生きならばいいのですが筋肉などの衰えで歩行や立ち座りなどの日常生活に障害を来して、進行すると要介護や寝たきり状態になり多くの人のお世話にならなくてはいけません。また認知症状が進み家での生活が困難になり施設に入居ということになります。もともと私たちの運動器や脳はそれほど長持ちするようにはできていないようです。いつまでも自立した生活を送るためには、元気なうちに運動器や脳のメンテナンスを行いながら、大切に使い続ける必要があります。貯金と同じように収入のあるうちに貯蓄をすることが大切です。収入がなくなってから貯金をしようと思っても貯金はできないのと一緒で不健康になってから健康になろうと思ってもなかなか大変なのです。ぜひ、そのことを自覚し、今から健康になる努力「健康貯金」に励み、老後の不安を払拭したいものです。
平成25年の厚生労働省の調査では要支援、要介護の認定者の要因で最も多いのは運動器障害25%脳血管障害(脳卒中)18,5%認知症15,8%衰弱13,4%その他(脊髄障害、肺疾患、骨折、間節疾患)など27,3%となっています。

2018/10/16

座禅に参加しました

先週の土曜日座禅会に参加しました。名古屋では福井の曹洞宗永平寺の別院で月2回の参禅会が行われています。参加費はたったの500円です。前々から興味があった座禅は少々不安がありましたが参加してびっくり、とても和やかで誰でも参加でき、お坊さんも、とても親切に説明してくださいますので、すぐに座禅にひたしむことができます。まず、受付で参加費を払い、名前を記帳し、お坊さんより、座禅の手引き、進行表、般若心経のプリントをいただき開始15分前に初参加の人に座禅の説明があります。さあ、いよいよ座禅の開始です。係りのお坊さんに僧堂へ案内していただきます。鐘が3回鳴り座禅の始まりです(止静)次に導師の方がお話しをします(提唱)鐘が2回鳴ります。歩く座禅、足の痺れをとる為ゆっくり歩きます(径行)鐘が1回鳴り径行が終わり5分の休憩(抽解)鐘が3回鳴り再び座禅の始まり(止静)最後に般若心経を唱え退堂。約1時間の会です。以前より瞑想に浸しんでいた私ですが座禅と瞑想では大きな違いがあります。まず、座禅では目を瞑りません。目は半眼と言って、見開かず細めず自然に開き、視線はおよそ1メートル前方、約45度の角度におとします。目をつむると眠気を誘うので、目を閉じないようにします。座禅はこのように視界を閉ざさず、ただひたすら座ることに打ち込む(只管打座)を唱えています。座ることにより心と息と身が調う(調身、調息、調心)ということです。ただひたすら座る、その後訪れる何かは期待せず、只々ひたすら座りつづけた結果いままでとは違う自分に気付けるでしょう。皆さんも心と体の健康のために座禅をしてみましょう。

2018/10/09

自分の健康は自分で守る

人はある年齢を超えた頃から自分の体形や容貌に「ギョッ」としたり、生活面では気力・体力・知力の衰えを痛感したことはありませんか?そうなると健康上の不安もしばしば出てくるようになります。
 そんな、不安を払拭するためにも病気予防を心がけて、自分の身体の状態を把握して健康管理を実践することが大切になってきます。健康とは、体の痛みがなく、足腰が丈夫で、夜ぐっすり眠れて、食事がおいしく、きれいなうんちが出て腸がスッキリしている状態、さらに疲れ知らずでいつも元気でストレス知らず。さて、そんな人本当にいるのだろうか?その逆で、体のあちこちが痛い、夜眠れない、食欲がない、または暴飲暴食をしてしまう、便の調子が悪い、疲れが取れない、体が重い、ストレスだらけという人がいるのも事実です。このような状態になってしまうとなかなか自分では治すことができません。様々な病院に行っても解決せず自分の身体、心がどうにかなってしまうのではないかと不安になることでしょう。
このような身体になった原因は今までの生活習慣によって作り上げられた結果ですので今からでも遅くないのでしっかりと生活習慣を見直し、いつまでも健康で長生きできる体を作る努力をして「健康寿命」を延ばす努力を心がけましょう。当院では介護予防指導の一環で健康寿命を延ばす健康法を指導しております。

2018/10/01

柿が赤くなると医者が青くなる

異常なほどの夏の猛暑が終わると清々しい秋を迎える。秋になると柿や、柑橘、柚などが実をつけて色づき、天高く午肥ゆる秋に相応し、食べ物が豊富になる。だから病人も少なくなるというわけで、決して柿だけではなく、これらの秋の果実には豊富なビタミンC
(コラーゲン生成に必要、抗酸化作用もある)が含まれており健康に良いから、病気にかかりにくくなるという説と、収穫の秋で農家の人は医者に行く時間もなく忙しいという説がある。よって、医者が手持ち無沙汰になり、医者も生計上ちょっと(青ざめる)ということです。
さて、「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるように9月23日の秋分を過ぎると真夏日も急減し、朝夕は涼しくなる。このような季節の変わり目に体調が崩れやすい。「気候の変わり目に病気になりやすい」という諺には2つの変わり目が考えられる。春夏秋冬各季である意味と暖候期(夏)から寒候期(冬)への変わり目、すなわち、陽から陰への地球エネルギーの変化(変わり目)が考えられる。この時期は「秋の天気と女心」「春の天気と女心」という諺があるように、天気と心(自津神経)が変化しやすく、身体のホルモンバランスが崩れやすくなり、疲労やだるさを強く感じるのである。

INFORMATION

院内

治療歴20数年の実績をもつ院長がいる整体院です。
以前は名古屋市で数多くのスポーツ選手、芸能人を診てきました。3年間の介護の仕事を経て再び清州市でこれからの時代に沿った、高齢者にも優しい整体院を開業しました。

所在地

〒452-0064
愛知県清須市西枇杷島町旭2丁目
64番地

営業時間

(平日) 9:00~19:00
(土曜) 9:00~12:00

定休日

土曜午後/日曜日